1

 
 
Bさんご一家:加古川市
ソラマドで住まいのDIYを楽しみながら暮らすB様ご夫妻にお話を伺いました。

『家を建てて燃え尽きてしまうのが嫌だった』
ソラマドの家にお住まいのB様は、DIYがお得意で、新築後も住まいのカスタマイズを楽しみながら生活をしておられます。
B様の住まいづくりは、新築引渡し・ご入居で終わるのではなく、ライフワークとして続けていくというスタンスです。
ソラマドが実現したのは、その基礎となる原型。
もちろんその原型にも、B様のセンスやライフスタイルが映し出されているのですが、さらに暮らしの中で、どんどん変化していく家なのです。

ついでに寄ってみようっていう気楽な気持ちでモデルハウスを見学。

【スタッフ】 soramadoに興味をもたれたきっかけは?

【奥様】 最初は、漆喰・無垢材を基本に探してたんです。
インターネットとかいろいろ見ていて、ソラマドを見つけて資料請求はしていたんですが、他にも気になる家もあって、その工務店さんの体験宿泊に行く途中に、ちょっと寄ってみようかっていう気楽な気持ちでモデルハウスを見せていただいたのが最初です。

【スタッフ】 どちらのモデルハウスをご覧になったんですか?

【ご主人】 のぞみ野のソラボックスです。当時、モデルハウスがオープンしてすぐだったと思います。

【スタッフ モデルハウスを見て気に入っていただけたんですね。

【ご主人】 この家と似てるんですよ。モデルは吹抜けが無くて、キッチンの位置・向きが違って、あとモデルハウスは螺旋階段ですけど、面積的にもほとんど一緒なんです。

【スタッフ】 雰囲気も似ている気がしますね。

【奥様】 その時にたまたま、モデルハウスを設計された方がいらっしゃったのも幸運でした。
そのあと予定通り、よその工務店さんの体験宿泊に向かったんですが、体験宿泊中もソラマドの話ばかりしてたんです(笑)
【ご主人】 失礼な話ですね(笑)
【奥様】 良い家ではあったんですけどね。ちょっと旅館的な感じで・・・。
【ご主人】 でもちょっと違うかなって・・・。

『いい事思いついた』って。 考えてるのが楽しいですね。

【スタッフ】 ソラマドをご覧になって、どんな印象をもたれました?

【ご主人】 独特で他とは違うなと、『あ〜こういう家もあるんだ』って思いました。

【スタッフ】 それまでに他のモデルハウスの見学などはされていたんですか?

【奥様】 いっぱい見てました。

【スタッフ】 いろいろ見られた上でも、ソラマドって他と違うっていう印象だったんですね?

【奥様】 ちがいましたね。
【ご主人】 特にキッチンが印象的でしたね。
【奥様】 私は最初の印象は、おしゃれだな〜って、それから明るいし、雰囲気が良いなって。

【スタッフ】 最終的にソラマドでお家を建てようという決め手は何だったんですか?

【奥様】 間仕切りがあんまり無くて、後で変えていける事がシックリきたんです。
【ご主人】 自分達の家にできるっていう感覚がもてました。建ててしまって燃え尽きるようなのも嫌だったんです。

【スタッフ】 ライフスタイルも変化するでしょうしね。

【奥様】 無駄が無いですよね。
【ご主人】 だから、ぜんぜん造り込んでないんです。これからニッチのところに棚をつける予定ですし、キッチンも手を入れていこうと思ってるんです。

【スタッフ】 そういうのって楽しいですよね。

【ご主人】 考えてるのが楽しいですね。
【奥様】 『いい事思いついた』ってね(笑)


すべて行動をシュミレーションする事が大切です。

スタッフ】 延べ床ってどれくらいでした?

【ご主人】 31坪くらいです。

【スタッフ】 広く感じますね。

【奥様・ご主人】 よく言われます。
【奥様】 入った瞬間に広いって言われる事が多いです。

【スタッフ】 家に入る前に感じたんですが、軒天が印象的ですね。

【ご主人】 あそこはこだわったんですよ。

【スタッフ】 エアコンは一台だけですか?

【奥様】 2階にはもう一台ありますけど、1階はこれだけです。

【スタッフ】 この夏はどうでした?

【ご主人】 電気代が安くてビックリしました。
【奥様】 初夏はあんまり使わなくてもすごせましたしね。

【スタッフ】 建てる前のイメージどおりになってますか?

【ご主人】 イメージよりも良いですね。

【スタッフ】 遠慮せずに悪いところ、気に入らないところも言ってくださいね(笑)

【ご主人】 なんか気に入らないところあるかな・・・・。

【スタッフ 】ここはこうしておいた方が良かったなって思う所とかありませんか?

【ご主人】 そういう所があったとしても、ココはこうだから、これからどう手を入れようかなって思っちゃうんですよね。

【スタッフ】 ご自分で改善しちゃうって事なんですね。

【奥様】 トイレの電気は気に入らないんじゃなかった?
【ご主人】 照明のスイッチがトイレの外にあって、入っているときに子供に電気消されちゃうんですよね。
あれは悲しい気分になります。
【奥様】 あと何かなかったかな・・・。
【ご主人】 ・・・。

【スタッフ】 気に入らないところを見つけるのに、そんなに考えないと出てこないのは嬉しいですね。

【ご主人】 しいて言うと、特に希望を聞かれなかったんで、何も言わなかったんですけど、窓の枠のところが白なんですが、木目の方が良かったかなと思います。
【奥様】 引き戸を閉めて当たるところ。漆喰の壁なんで凹むのがちょっと気になりますね。
【奥様】 あと、気に入らないという事ではないんですが、縁側部分の下の空間に物を入れたり出来る気でいたんですが、出来上がってみると四方ふさがってて、そこはイメージとずれてましたね。

【スタッフ】 じゃあ逆に、どういうところに気をつけたから満足できる家づくりが出来たと思われますか?

【奥様】 家の中の行動すべてをしっかりシュミレーションすることが大切ですね。
【ご主人】 例えば、このカウンターの足を入れるスペースは、最初は27cmだったんです。でも実際に家で27cmの奥行きで試してみると、ちょっときつかったんで30cmにしてもらったんです。
あんまりやりすぎるのもどうかと思うんですが、シュミレーションすることで自分好みに出来たと思います。
そんなふうに他の部分もいろいろイメージでシュミレーションしたりしました。
【奥様】 玄関の式台はシュミレーションだとこれで良いかなと思ったんですが、歩くにはもう2〜3cm広かったほうが良かったですね。
それから、屋根の勾配。
【ご主人】 そうそう。変えたね。
【奥様】 最初は勾配が急で、すぐに頭が付きそうだったんです。(2階寝室)

【スタッフ】 高くして、勾配をゆるくしたんでしたね。

【ご主人】 おかげさまで快適です。

【スタッフ 】見学会とかは行かれました?

【奥様】 行きました。住んでらっしゃるお家も見せていただきました。

【スタッフ】 実際にご覧になると、いろいろイメージがしやすくなったんじゃないですか?

【奥様】 そうですね。特に住んでおられるお家は参考になりました。

【スタッフ】 ○○さんのお家ですね。

【ご主人】 ○○の近くにある。

【スタッフ】 大きな木があるお家ですね。

【ご主人】 うちも大きくなるかなーと思って『ヤマボウシ』を庭に植えたんですよ。

【スタッフ】 家の中でココが気に入っているというところはどこですか?

【ご主人】 僕は天井ですね。寝転がって天井を見るのが好きなんです。
【奥様】 私も好き。寝転がって空と天井を一緒に見るのが気持ち良いんです。

【奥様】 私は朝が好きです。朝日が入ってすっごい持ちいいんです。

【スタッフ】 土地も東側が開けてて明るいですね。

【ご主人】 夕方ぐらいまで明るいですね。

【スタッフ】 陽当たりが良いから夏は暑くないですか?

【奥様】 2階。来年は簾かなにかしないと。
【ご主人】 遮熱の窓は大丈夫なんですが、2階の掃き出し窓のところが断熱窓で、どうしても熱くなっちゃうんです。
西日が入るところは、Lo-Eの遮熱にしたんですが、冬に日が入ってきてほしいところは断熱にして冬あったかいんですけど。 夏触ってみたら、断熱と遮熱は結構違いますね。

 

【スタッフ】 ご親戚とかご友人とか、お家に来られた方はどういう感想をお持ちでしょう?

【奥様】 入った瞬間に『すごい明るい』って言われます。あと、おしゃれとか、広いとか、土間が広いとか。

【スタッフ】 玄関から入ったところの印象が明るくて良いですよね。

【奥様】 この(観葉)植物もにょきにょき成長してるんですよ。
【ご主人】 このシナベニヤ(の引戸)が良かったと思います。予算を考えて一部にしましたけど、できれば全部シナベニヤの扉にしたかったんですよ。

【スタッフ】 いろいろご自分で手を入れられていますが、今後はどんな風にしていこうとお考えですか?

【ご主人】 したい事がいっぱいあるんですが、今考えてるのはキッチン前にシナベニヤを貼ってガラス塗装しようと思ってます。
最初はタイルにしようかなと思ったんですけど、タイルのサイズの規格では調度良いのが無いんですよ。
水がかかるところですし、ガラス塗装が良いと思って・・・。

【スタッフ】 なかなかそこに気が回るご主人っていらっしゃらないですよ。

【奥様】 洗い物とかしてくれるから。

【スタッフ】 男の人は洗い物する人でも、そんなところまで気が回らないですよ。

【奥様】 (笑)

【スタッフ】 ご主人の計画で、ご夫婦の趣味が合わない事はないんですか?

【奥様】 シナベニヤは良いと思います。でも合わないこともありますよ。
【ご主人】 却下されることもあります。そのときは改めて計画を練り直すんです。

【スタッフ】 そういうのって楽しいですね。

奥様はご主人のことを冗談っぽく『細かいんです』と話されていましたが、繊細でやさしいご主人は、暮らしの中で、こうすると便利とか、こうすると良くなるといった所を見つけて、楽しみながらご自分で手を加えておられます。
明るいお家の中、ご夫婦は終始穏やかで、初めてお伺いしたスタッフもほのぼのとした雰囲気の中、くつろぎながら取材をさせていただきました。

 

 

    

 

Copyright (C)2008 SORAMADO FAMILY HYOGO all rights reserved.